サケの育成・放流・遡上調査は、命について学ぶ体験学習です。
  • 第30回サケの稚魚放流事業
  • サケの育成日記募集中!

ニュース

例年行われるサケの遡上調査

毎年、高崎青年会議所ではサケの遡上調査を11月に行っています。 例年、独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所という施設へバスで向かい、 (参考:http://www.water.go.jp/kanto/tone/) サ …

カムバックサーモン運動

サケを守ろうという活動は全国で行われている。 岩手県では今年、サケのための河川改良工事が行われた。以下、岩手新聞より抜粋。 盛岡市中心部を流れる中津川で、サケの遡上(そじょう)を促す魚道の改良工事が行われた。街中で見られ …

サケの遡上状況

高崎で放流し、高崎に戻ってくるサケは、 日本でも最も長い旅路を泳ぐサケなのです。 ですので、遡上して帰ってくるのも他の地域より遅い時期となります。 ちなみに、北海道では7月に初遡上が確認されたようです。 高崎のサケは冬か …

サケは今頃どこを泳いでいるかな?

みなさんが放流してくれたサケは、今頃どこにいるでしょうか。北海道のあたりの海を泳いでいる頃かな?   秋田県では先週、稚魚の放流が行われたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK4J …

上毛新聞に掲載いただきました

3月5日(日)の上毛新聞に掲載していただきました。以下、上毛新聞より抜粋です。「大きくなって戻ってきてね」命を大切にする心を育もうと、高崎青年会議所(富沢太郎理事長)は4日、高崎市の和田橋近くの親水公園で稚魚放流会を開き …

サケの育成日記

あと数日間でのお別れですね

若虚さんより育成日記の寄稿を頂きました。 2017.1.24 孵化当初のひ弱な感じがなくなり、水槽が狭く感じるほどに元気に泳ぎ回っています。 だんだん餌を食べるスピードも早くなりました。 足りないと、食べ終えても水面近く …

絶賛成長中!

ヨシムラさんより育成日記の寄稿を頂きました。 2017.1.12 日が経つにつれ、成長しております。 エサやりの様子です。 水に浮いたエサも食べるようになってきました。 最初の頃は底の方にいるサケが多かったのですが、徐々 …

みんな元気に育ってね

ヨシムラさんより育成日記の寄稿を頂きました。 2017.1.07 たくさん個体がいるので、どの子達にもエサが行き渡るように、少しだけ工夫しながらエサをあげています。 エサを食べる子は決まった子ばかりなので、エサにありつき …

水に浮いたエサにはまだ反応せず・・・

ヨシムラさんより育成日記の寄稿を頂きました。 2017.1.06 エサをあげはじめて、数日経ちましたが、まだまだ水に浮いているエサには反応してくれません。 そのため、今のところは、エサに慣れてもらえるように水中にエサを放 …

エサをあげ始めました

ヨシムラさんより育成日記の寄稿を頂きました。 2017.1.05 まだ下の方にいる子達が多いですが、上の方まで泳げるようになってきたので、エサをあげ始めました。 ですが、エサをあげてもまだ反応しない子達ばかりです。 運営 …

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人高崎青年会議所 All Rights Reserved.