ヨシムラさんより育成日記の寄稿を頂きました。

2017.1.12
日が経つにつれ、成長しております。
エサやりの様子です。
水に浮いたエサも食べるようになってきました。
最初の頃は底の方にいるサケが多かったのですが、徐々に上の層に上がってくるようになりました。
みんな元気で、フンもするようになってきました。

水の汚れも速くなってくるので、サイフォンという道具(ポンプ)を使って、水の汚れの原因になる底に落ちた食べ残しのエサやフンを吸い上げながら、水換えも行っています。
みんなにエサが行き渡るようにエサやりをしていたため、食べ残しのエサがたくさん出てきました。食べ残しやフンと一緒に吸い上げた水は捨てて、代わりに新しい水を足してあげました。

新しい水は、塩素の入った水道水を使うため、水槽に入れる前に、ハイポ(チオ硫酸ナトリウム)というものを入れています。その後、水槽の水の温度と一緒に慣らしてから水を入れてあげます。

運営者よりコメント

丁寧なやり方で、こちらも大変勉強になります。私はそこまで丁寧にフンや食べ残しの除去は行えてません。。水もハイポ(チオ硫酸ナトリウム)を使ってカルキ抜きを行っているのですね。私はペットボトルに入れた水を日光にさらしてカルキ抜きを行っています。丁寧な飼育、素晴らしいと思います。