2017年3月4日(土)、天候にも恵まれ、無事に第30回サケの稚魚放流事業を開催することができました。
総勢1389名の方々にご来場いただき、今年も盛大に開催できたことを、感謝申し上げます。

サケの稚魚放流事業は、命の大切さを伝えたくて開催している事業です。
2016年12月5日にサケの卵を配布させていただいてから、各家庭や学校・保育園・幼稚園にて、
3か月間にわたって、大切に育てていただきました。
このサケの稚魚放流事業とは、3か月間育てたサケの「卒業式」のようなイベントです。

一般的に卒業式とは、卒業生たちの今後の人生が幸多いものになるよう、元気で過ごしていってくれるよう、
祈りながら見送るイベントかと思いますが、サケの稚魚放流事業も全く一緒です。
出会いや別れを通じて、相手の人生を大切に想い、大切にする、ということが、
私たちは命を大切にする、ということであると思っています。

当日、開催プログラムの中で、
こども達にインタビューを行いましたが、
泣きながらサケへのメッセージを伝えてくれるこども達がいて、
サケを育てる中で、サケを大切に育ててくれたんだなあということを、
強く感じました。

モノではなく、命ある存在として、
サケという生命と向き合っていただいたこの3か月間が、
彼ら彼女らの今後の人生を少しでも支えられる糧になることを願い、
来年以降の開催につなぎたいと思います。

最後に、改めて、
協力団体の皆様、協賛団体の皆様、後援機関の皆様、
そして1389名のご来場者の皆様に、感謝申し上げます。
本当に、ありがとうございました。

【後援】
高崎市
高崎市教育委員会
高崎市PTA連合会
国土交通省関東地方整備局 高崎河川国道事務所

【協力】
群馬県水産試験場
高崎市
上州漁業協同組合
環境アドバイザー高崎地区会
株式会社科学飼料研究所

【協賛】
高崎ロータリークラブ
高崎北ロータリークラブ
高崎セントラルロータリークラブ
高崎シンフォニーロータリークラブ
高崎東ロータリークラブ
高崎南ロータリークラブ
高崎ライオンズクラブ
高崎三山ライオンズクラブ
高崎東ライオンズクラブ
高崎中央ライオンズクラブ
高崎和田ライオンズクラブ
高崎城ライオンズクラブ
高崎リバティライオンズクラブ
榛名ライオンズクラブ

公益社団法人高崎青年会議所
地域の共育実践委員会メンバー一同